メンズ脱毛サロンの選び方:脱毛出来ない人、出来ない箇所

メンズ脱毛で施術する箇所が多いのはヒゲや胸などが多いですが、脱毛することで、清潔感を保てることはもちろん、一日のうちの脱毛のために必要な時間を無くすことが出来るのです。

しかし、人によっては脱毛出来ない箇所があることに注意しなければなりません。
基本的には、身体的に不安がない健康な男性であれば発毛箇所の全てを脱毛することが可能です。

粘膜部分は脱毛のための光を照射するとダメージが非常に大きいため脱毛出来ないことを覚えておきましょう。

また、脱毛機器が照射する光は毛根の黒い色に反応します。しかし、黒い色は毛根以外にも反応してしまうため、ほくろやシミがある箇所は脱毛出来ず避けて照射することになります。これは入れ墨やタトゥーも同様です。黒い色に反応するということは日焼けも厳禁ということです。一時的にではありますが、日焼けが収まるまでは施術が延期されます。
日焼けと同じく一時的に脱毛出来ない理由としては、飲酒している状態や薬を服用している場合、肌が非常に弱い場合、傷を負っているかかさぶたになっている場合などが挙げられます。

さらに、脱毛の施術を受けるときは毛の処理をしていきますが、毛抜きで処理をしてしまうとその日は施術が出来なくなります。これも光を照射することのダメージが大きいためで、施術当日の処理は剃刀を使うように指示されるので守りましょう。
加えて、整形を行っている箇所やケロイド体質の場合も脱毛出来ないことがあります。
これらの条件に該当しなければ、脱毛することが可能です。メンズ脱毛が完了すると、多くの人がもっと早く脱毛しておけば良かったという感想を持ちます。無駄毛の処理が必要なくなるということは、それだけ快適に毎日を送ることが出来るということなのです。

Follow me!